ビジネスフォンの電話回線は?

ビジネスフォンの電話回線は?

このように、ビジネスフォンは主装置によって電話機の制御が行われています。いわばメインコンピュータのような役割を担っているのです。

このビジネスフォンを導入する前に、電話回線の種類について説明しましょう。
電話回線は3つの回線種別があります。

○アナログ回線
これは以前からある回線です。銅線を使って通信を行います。
設置する場所に既に引き込んであるケースも多く、公示もカンタンです。
ただ、一つの回線の場合、電話機とFAXを同時に使えないというデメリットが生じます。
FAXを使って通信中であれば、電話をかけることができないのです。
それから通信速度や通話音質などにおいて、デジタル回線と比べ、遅いのもデメリットの一つです。

○ISDN回線
デジタル回線とも呼ばれています。
一つの電話回線で二つの電話番号を持つこともできます。
なので、電話とFAXと別々の電話番号に設定し、名刺やチラシなどでPRすることができます。
デジタルなので、ノイズが少なく、音質がよいのも特徴です。

○ひかり回線
今一番進んでいる回線です。
デジタル回線のなかでも、光ファイバーを用いて通信を行います。
光ファイバーの特徴は、光で通信をするので、さらに通信速度が早いのが特徴です。
しかも一度にたくさんの情報を送ることも可能です。
今、インターネットの世界でも光ファイバーによる通信が主流となりつつあります。

    Copyright(C) 初めてのビジネスフォン All Rights Reserved.