満足のいくビジネスフォンを導入するために

満足のいくビジネスフォンを導入するために

開業や移転、買い替えなどの機会に新しくビジネスフォンを導入される会社もあるかと思います。

その導入において、やはり満足のいくビジネスフォンを導入したいですよね。
そのためのポイントを今まで述べてきたことも含めいくつか挙げてみました。

○ビジネスフォンは電話回線数(外線)を決定してから
自分のオフィスは、その使用目的により、外線数はいくつ必要なのかを決定してからスタートになります。
導入したアトから、電話がふさがって、自分が使いたいときに使えない...
ということがないためにも実際の状況を想定し、決めるようにしましょう。
すべてそうなんですが、できれば、余裕を持って予想する回線よりもう1回線増やしたほうが、アトからの拡張においても失敗がないようです。

○電話回線の種類(種別)は
デジタル回線かアナログ回線か、などの種別を選択するのも大切です。
基本料金や通話料金などを比較し、毎月の通話料が最も低く設定できる種別を、販売会社と相談しながら決定しましょう。

○電話機の台数は
スタッフの人数分を用意するのが理想でしょう。
しかしながら、予算との兼ね合いもあるので、二人に一人だと何台になるのか、など、シミュレーションをしながら決定していきましょう。

○電話回線の業者を選ぶ
今やNTTだけではなく、いくつかの電話回線業者があります。
その契約に際し、見積もり比較を行い、メリットがある会社を選ぶことも重要です。
そして電話回線業者ごとのサービスもあるので、そのサービスを利用するか否かの判断で決めることも考えられます。

○予算との兼ね合い
毎月の費用もコスト減を図りたいですが、最初の導入費用も安く抑えたいのがホンネです。
電話機は当然新品が良いのですが、予算の状況によっては中古機の検討も視野に入れましょう。
中古機も重点的に扱う販売会社もあるくらい、中古機市場も拡大しています。
なので、比較的年式の新しいモデルも存在します。

それから導入費用の決済方法ですが、リース契約を選択する会社も多く見受けられます。
多くの会社は、経費計上ができ、一括した費用がかからないリース契約に魅力を感じ、5年~7年などのリース期間を設定して契約するケースとなっているようです。


以上のように、ビジネスフォンは会社のビジネスシーンに大きく寄与し、その優れた機能を使うことで、販売チャンスを逃さず、会社の生産性向上に活躍しています。

ぜひ一度検討されることをおすすめします。

    人気ランキング

  • プランによっては月額3,000円を切る破格のレンタルプランがあるレンタル携帯のサービスを取り扱っている会社を探しているなら、大阪付近での利用であれば即日利用も可能なので急いでいるときでも安心のお勧めサービスになっています。

Copyright(C) 初めてのビジネスフォン All Rights Reserved.